<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
'12 スペイン旅行記18日目(May30) (3)ビルバオ美術館と周辺
ビルバオ美術館のショップもとても素敵だったのですが、私はこんなノートを買ってしまいましたよ……

c0209010_1732753.jpg

罫線の引き方がちょっとおかしなノートです。横罫、斜め罫、円罫(?)、方眼の4種類あるんですが…

c0209010_17322617.jpg

罫線が引かれてる範囲がこんな風になっています。はっきり言って実用的ではないです。どうやって使うかいまだに考え中です…… なにかカラフルなペンで好きな文章の書き写しとかしたらいいのかなあと漠然と考えていましたが、まだ実行にうつしていません。罫線引いてないところに絵描いたり何か貼ってみたりしてもいいのかも。どうだろう。

c0209010_17325267.jpg

美術館のカフェです。この日もあまりお腹すかなかったので(あと、ここ、ほんとにカフェでそんなにがっつりしたものなかったんで…)こんなお菓子みたいなのと、オープンサンド1つとコーヒーでおしまい。レストランは別にあったのかもしれない…

c0209010_1733596.jpg

カフェ側から美術館の外に出てみました。下の明るく開けてる部分がカフェ。

c0209010_17342590.jpg

c0209010_1735052.jpg

c0209010_17441456.jpg
ビルバオ美術館も古い建物をちょっとリノベしているというか、リノベしつつ旧館と新館をつないでいる感じで、一部、古い煉瓦の建物の外側をそのままガラスで囲んでいます。カタルーニャ音楽堂的な。リノベ物件で割とありがちなあれかもしれん。中を歩いているとこの部分が別棟への通路になっていて、片方にガラス、片方に煉瓦壁をみながら歩くようになっています。中の写真撮れないので残念ですが、なかなかよい感じでした。

周辺、緑がたくさん見えて大変気持がよい。

c0209010_17451133.jpgc0209010_17444732.jpg

横にあった噴水。下のほうで仮面がいやそうな顔で水を噴いている。

c0209010_17463533.jpg

c0209010_1746297.jpg人が水吹いてる噴水といえば、美術館入り口の噴水もこんなでした。

c0209010_17543142.jpg背面でも水吹いてる。

c0209010_17553465.jpgc0209010_17545659.jpg

c0209010_17551155.jpg企画展でやってたJose Ramon Andaの作品は外にも常設されています。

どの角度からみても、ぽっとりしてかわいらしい。

c0209010_17562160.jpg美術館横、大きい公園に入る手前に立っていた面白いて洗い場。フクロウが羽ひろげたみたいなところから水が出ます。なんだか使いにくそうではありましたが。

c0209010_17575128.jpgc0209010_17581420.jpg

美術館横には広い緑地公園が広がっています。みんな日光浴している。スーラのグランドジャットの日曜日を思い出しました。ビルバオは天気がよいと最高に気持のよい街ですね。曇りの日もそれはそれで風情がありますが。

c0209010_1805760.jpgc0209010_182118.jpg

c0209010_1824079.jpg

[PR]
by koshiba841 | 2013-04-20 18:03 | '12 May スペイン旅行
'12 スペイン旅行記18日目(May30) (2)ビルバオ美術館
c0209010_7393188.jpgさて、観光案内所に行って街の地図をもらってこようかと思っていたのですが(地球の歩き方の地図はさすがにアバウトすぎる)、行ってみたら朝早かったせいかまだあいていなかったので、とりあえず、ビルバオ美術館に行くことにします。

その前に朝ご飯。

美術館に行く途中に、なんとなくイギリスのパブっぽく見えるバールがあったので入ってみたら、カウンターにとってもいいものがあったので、ここで食べることにしました。

トルティーヤが何種類もある!

c0209010_7395537.jpg

c0209010_740724.jpgc0209010_7402320.jpg

c0209010_74040100.jpg結構、奥行きのあるお店だった。私は、ここ、パブっぽいって思ったんだけど、感じわかってもらえるだろうか。パブっぽいよね?

トルティーヤのトッピングにこんなに種類があるとは思わなかったです。色々工夫のしようがあるのだなあ。

カウンターでぼーっと立ってたら「持っていくから座ってて」というので、席に着いて待ってたら、フォークとナイフでトルティーヤをがっつりはさんできた。そういえば、前にどこかで頼んだプリンにスプーンがぶっささってきたことがあったけど、こういう出し方がスペイン風なんだろうか。まあ、ここバスクだけど。まあ、それはともかく、おいしい朝ご飯でした!

さて、ビルバオ美術館です。外置きの現代彫刻と緑が目に快い。

c0209010_7405013.jpgc0209010_741852.jpg

なんとも端整なたたずまい。この入り口は今は使ってないみたいです。
MVSEOというクラシカルな表記がまたはまるというか。

c0209010_741369.jpg

そして、こんなクラシカルな入り口(元入り口?)のすぐ横に、現代美術風に街灯をにょきにょきまとめて立てているあたりが、なんともビルバオらしいと思いました。

c0209010_7414472.jpg

入り口は、さっきのところからちょっと回ったこちら。

c0209010_7421596.jpgc0209010_7422367.jpg

幼稚園の遠足かな。子供がいっぱいいた。ころころしてかわいいな。

c0209010_7425731.jpg

c0209010_743851.jpgさて、ビルバオ美術館です。この日、ラッキーなことに無料日だった。水曜日、だったかな?

写真撮影禁止なんで中の写真はないですが、ここ、とってもよい美術館です。ビルバオで美術館といえばグッゲンハイムとなってしまうせいか、プラドみたいな巨大美術館と比較してしまうせいか、ガイドブックでのビルバオ美術館の扱いって割と小さい気がするんですが、ここ、収蔵物の質、量ともかーなーりー立派なものですよ! こんなにいい美術館だって知らなかったから、前回の旅行のとき、私、時間あるのにここパスしちゃったけど、もったいないことしたなあと思いました。今回、見られたからよかったけどさ。

c0209010_7432784.jpgコレクションは、とっても古い絵から現代ものまで隈無くカバーされています。特に古い宗教画に素朴でかわいらしい作品が多くてよかったです。現代物が苦手な人は、グッゲンハイムよりもここの方が楽しめるのではないかと。

画家の有名度だけで美術館の良し悪しを言うのもなんかなという気はするのですが、わかりやすい尺度の一つではあるので言うと、プラドなんかで見る有名と言われている画家の絵は、ここにも一通りあります。パンフに出ているだけでも、グレコ、リベラ、スルバラン、ムリーリョ、ゴヤ、ソローリャ、ゴーギャン、フランシス・ベーコン、タピエスetc.。

c0209010_7434530.jpgさらに現代寄りの作品や、地元、バスクの作家の作品もあります。見応えあります。

あと、この時は、企画展で Jose Ramon Anda という作家を取りあげていたのですが、よかったです。立体の人なんですが、暇なんでしげしげ見ていたら、なんだか波長があったというか… 立体、私、あまりよくわからないんですけどね(いや、平面も別にわかってるわけではないが)。角とか接面の扱いが丁寧で感じがよかったな。

[PR]
by koshiba841 | 2013-04-11 07:44 | '12 May スペイン旅行
'12 スペイン旅行記18日目(May30) (1)グッゲンハイム美術館周辺
c0209010_1002924.jpg2012年5月のスペイン旅行記。ようやく最後から2日目まできました。最後の滞在地はビルバオ。

この日は、まず、前回見なかったビルバオ美術館に行くことにしました。

散歩も兼ねてグッゲンハイム美術館も見がてら、ぶらぶら歩いていきました。

横の美術館のインパクトに負けないよいデザインの橋だと思います。
川岸の遊歩道からこの橋の上へはエレベーターで上がれます。

c0209010_105246.jpg

中谷芙二子さんの「霧の彫刻」が出てました!

c0209010_1051831.jpg

c0209010_1055641.jpg

c0209010_1061529.jpg前回来たときは、このあたりの道を工事していたので、たぶん、この角度からは写真撮ってなかったんじゃないかな…

この建物はどこから見ても面白いので、お気に入りの見え方のところをさがしてぐるぐるしてしまいます。

c0209010_1071075.jpg

c0209010_1072384.jpg

c0209010_1082189.jpgパピーさん!

安定のかわいらしさ。パピーさんの後ろ姿。

c0209010_1084362.jpg

今回は赤っぽい花が多めかな。

c0209010_1092083.jpgc0209010_109790.jpg

今回の企画展はホックニーです。見に行くのは次の日。

c0209010_1095451.jpg

c0209010_10103528.jpgこの高層ビルは、前回(2010年)来たときにはできてなかったと思います。

イベルドローラという電力会社のビルだそうです。再生可能エネルギーの大手。スペインは風力発電がかなり盛んですよね。

ビルバオは、こういうモダンなビルもかなり建っているのですが、それが景観を壊さず、きちんと魅力的に見えるのがいいなあと思います。丘の樹木や街路樹、芝生の緑で印象がやわらぐんでしょうかね。スペースに余裕もあるし。ある程度はゾーニングしてるんでしょうし、古い建物の邪魔にはあまりなってない感じ。ほんとに気持のよい街です。

c0209010_1016297.jpg

[PR]
by koshiba841 | 2013-04-04 10:16 | '12 May スペイン旅行
'12 スペイン旅行記17日目(May29) (8)ホテルに着くまでもう少し
旧市街の細い路地から脱出して川のほうへ出ます。
アリアガ劇場という立派な劇場があります。

c0209010_9382426.jpg

アリアガ劇場前の橋を渡って、新市街側へ渡ります。
こうして見ると、背後の丘の中腹とか天辺にもぽつぽつ建物がありますね。登るの大変そうだけど…

c0209010_9385799.jpg

新市街の全体的な雰囲気がわかる写真があまり撮れてない…ついつい建物の装飾に目がいってしまうので。

c0209010_9391411.jpg

磯崎ゲート手前まで戻ってきました。
これは、双子高層ビルのたもとの建物群なんですが、これも磯崎ゲートの構成要素に入っているのかな。元あった古い建物の表の壁を一枚だけ残して、中を新しいビル群(コンドミニアムか何か?)で埋めています。古い建物は、この一角をぐるっと囲んでいるので…

c0209010_9393463.jpg

川沿い側にもちょっと断片的に壁が残っています。古い建物の残し方が面白い。

c0209010_9395598.jpg

磯崎ゲート双子ビルの中間あたりからみたスピスリ橋。なんとなく、虫とかが作る繭とかさなぎっぽく見えなくもない。

c0209010_9401374.jpg

双子高層ビルの片方の下にいい感じの小さいバールがあったので、軽い夕食。かわいいタパスがいっぱいあった。小さいハンバーガー好き。

c0209010_9403699.jpgc0209010_9405052.jpg

下の建物は泊まってたHesperia Bilbaoホテルの裏側にあった。色形が随分かわいらしい。きれいにメンテされているし。後のルーバーのついたビルもお洒落。

c0209010_9411325.jpg

ホテルの冷蔵庫に「今日はプレゼントがあるよ!」的なシールが貼ってあったので開けてみたら、シリアルとヨーグルトがセットになったダイエット食品の試食品が入っていた。結構おいしかった。

c0209010_9412541.jpgc0209010_9413311.jpg


ビルバオ一日目の日記はこれでおわり。
あと二日で終るところだったのですが、もう少しということろで更新意欲が落ち気味です。でも、まあ、ほんと、もう少しなはずだし、ビルバオ、きれいで大好きな街なので、まだまだ写真のっけます!
[PR]
by koshiba841 | 2013-04-02 09:41 | '12 May スペイン旅行