カテゴリ:'09 Oct. シンガポール旅行記( 34 )
シンガポール旅行記 おまけ(お土産)
土産といっても、主として、自分のためのものです……

インド小物屋で買ったビンディー(おでこに貼る飾り)。
色違いでセットになっているのがうれしい。
かわいいと思いつつ、どうやって使えばと考えていたら、これ、ピアスシールの代わりにするという手があるらしく……なるほど。今度、もっと買ってこよう!
右下の、丸くてかわいいなと思って買った少し大ぶりのものは、どうやら、へそのまわりに貼るらしいですわ。
c0209010_20264662.jpgc0209010_2027598.jpg

c0209010_20272989.jpgc0209010_20274217.jpg

c0209010_20281583.jpgガネーシャ様。

この写真では見にくいですが
右下の灰色に塗ってあるのが
ねずみちゃんです。
いつもいっしょ。

c0209010_20293885.jpgハッピー・ディーパヴァリ・カード。
巨大テントのカード売り場で購入。あとで店のおじさんが追いかけてきて、「封筒もあるから!」とくれたのが、左の封筒。

ラクシュミー(真ん中。富の女神。手のひらから金貨がザカザカ出ている。)、サラスバティー(左。学問、技芸の女神。)、ガネーシャ(右。障害を取り除き、成功をもたらす。)という、強力タッグがよいなーと思って購入。

あとで家にあるヒンズー教入門を読んだら、この三神を組み合わせた画像は「ディーワリー(=ディーパヴァリ)・ラクシュミー」と呼ばれるらしいです。
この本によると、ディーパヴァリで戸口に灯りをともすのは、ラクシュミーを家に招き入れるためなのだとか。

c0209010_2030033.jpgねずみちゃんもいるよ。

c0209010_2030285.jpgディヤです。

本来、ここに灯油と灯芯を入れてランプにするのですが、
まあ、小物入れとかに使えるかなあと。
自分は重曹とか入れておこうと思うよ。
[PR]
by koshiba841 | 2010-01-16 20:31 | '09 Oct. シンガポール旅行記
シンガポール旅行記5日目(10/19) チャンギ空港
c0209010_1910866.jpg5日目は帰るだけ。

いやに朝早い便で、確か、5時半ぐらいにホテルを出たんだったか……

タクシーがつかまるかどうか不安だったので、前日にホテルのフロントに聞いてみたら、予約してくれた。ついでに、モーニングコールもしましょうね、と言ってくれて、ほう、気がきくなあと思ったり(チェックイン時に部屋ができてなかったという不手際はあったけどな)。

タクシーは予約料も加算されていて、多少、割高ではあったかもしれないけど、始発には微妙な時間だったし、実際、道路走ってみて、あまり車がいなかったので、頼んでおいてよかったと思いました。

さっくり空港に入って、これは、チェックインが終わったあたりで撮った1枚。
空港だというのに、なんか植物すごいな……と思ったのですが、こんなの序の口でした。


c0209010_1912411.jpgどこでもらったか忘れたが、
チャンギ空港といえば、チャンギ飴。
なぜか飴。

あ、もしかすると、離陸の時に耳がぼーっとなる、
あれ対策かな……


この空港、いいなあと思ったのは、本当に色んな場所にインターネットコーナーがあること。
しかも、無料! 成田なんて100円で10分しか使えないのに!
びっくりしたのは、搭乗待合いコーナー(最終荷物チェックの後の、飛行機に乗る本当に直前の所)にも端末があったこと。いや、これ、本当に親切ですよね。空港の途中でインターネットコーナーが見つけられなかった人や、とりあえずチェックインをいそいでいた人でも、最終的には、ここでアクセスできるわけですよ。
私も、おかげ様で、1本、仕事関係のメールの返信ができて、よかったです(文面はローマ字になってしまいましたが)。
c0209010_19123959.jpgc0209010_19125892.jpg


あと、入っている食べ物屋のチョイスがいい! 
成田も、もうちょっと気のきいた店を入れてくれないものだろうか……
うれしいことにキリニー・コピティアムがあったので、ここで、初ラクサをトライ。うまかった!
c0209010_19173734.jpgc0209010_1918241.jpg


c0209010_19232617.jpgようやく日が出てきた……

搭乗まで、多少、時間があったので、お店(6時すぎたあたりから、ぼつぼつ開いている)など見ていたのですが、きれいだし、あれこれ見るものはあるし、座るところもあるし、ここは退屈しませんね。

c0209010_19235744.jpg立派なオーキッドガーデンもあって和みました。

さすが、世界のハブ空港。評判がいいだけのことはあるなあと思いました。


c0209010_19251076.jpg
[PR]
by koshiba841 | 2010-01-16 19:38 | '09 Oct. シンガポール旅行記
シンガポール旅行記4日目(10/18) (5)感想?
c0209010_18135676.jpgええと、4日目は、ハイティーでおしまいです。

あとは、お友達のコンドを見に行ったりしたのですが、まあ、そんな感じで。

お友達、ここ見てるかわからないけど(教えてないけど、なんかで発見する可能性はあると思う…)、どうもありがとう。元気そうでなによりでした。
しばらくそこで元気に働いてください。(つか、こんなとこで言ってないで、メールしたらいいんだよね……筆無精ですまぬが、そこはお互い様ってことで……)

帰国日のチャンギの記事だけ書いて、旅行記はおしまいにします。

シンガポールは久しぶりだったのですが、やはり、きれいで安全でよい所ですね。
その割に、安い食べ物がおいしいというのが非常にポイントが高いです。

しかし、どうして、ここは、こんなにショッピングセンターが多いのでしょうか?
今あるだけでも十分多いと思うのですが、まだ作っているらしいですよね。
誰がそんなに買い物をするのか、本当に不思議です。まあ、買う人がいるなら、よいのですけどね。

そうは言っても、あまり買い物をしない自分ですが、ショッピングセンターの存在はありがたいです。きれいだし、涼しいし、食べるところが絶対あるから。

お友達が買い物ですすめていたのは、サンダル類。確かに、かわいくて洒落たデザインのものが多く、割と安い。このあたりは、さすが南国といったところでしょうか。

また来る機会があるとしたら、やりたいこと、行きたいところは……

  • ハウパーヴィラがまだあるのか確認する
  • バードシンギングを見に行く
  • 逆バンジーをやってみる
  • 水を吐いているマーライオンの写真をとる
  • ラクサとフッケンミーを食べる
  • 1日植物園
  • 1日ムスタファセンター
  • オーチャードでふつうにデパートはしご
  • どこかでまたハイティー


こんな感じでしょうか。まだまだ、遊べそうです……
[PR]
by koshiba841 | 2010-01-16 18:28 | '09 Oct. シンガポール旅行記
シンガポール旅行記4日目(10/18) (4)セントレジスでハイティー
さて、シンガポールといえば、ハイティー。ハイティーしないでシンガポールを去るわけにはいきません。
今回は、お友達のおすすめで、セントレジスホテルのハイティーを予約しました。
評判通り、とても高級感あふれるシックでおされなホテルです。
おのぼりさん的にトイレの写真まで撮ってしまいました(馬鹿)。お手拭きが、ペーパータオルでなくて、おしぼりでした! さすが高級ホテル……(庶民的感想)。

c0209010_17273151.jpgc0209010_17274414.jpg



c0209010_1732182.jpg1Fのレストラン、ル・サヴールです。
こちらでハイティーをいただきます。

日曜日だったので、4時から6時まで。
平日は3時かららしいです。

一応、予約しておいたんだけど、
この日はあまり混んでいませんでした。
飛び込みでも大丈夫そうでしたね。

天井が高くて
大変よい気持でした。

写真には写っていませんが
窓の外にはプールが見えます。




c0209010_17323783.jpgうう、写真が下手すぎる……

3段重ねの3段目が見えませんが
スコーンのためのジャムと
クロテッドクリームがのってるだけです。

c0209010_17463175.jpg一段目。
フィンガーサンド類

c0209010_17471240.jpg二段目。
スコーン2種類。

c0209010_17475442.jpg三段目。
スコーン用のジャムとクリーム。

やはりクロテッドクリームでないといかん。

c0209010_17483774.jpg取り皿がむやみにきれい。

ところで、ハイティーのサンドって、
なんでキュウリみたいな微妙な具?
(これが上品ってことかもしれんが)と
常々思っていたのですが、
このサンドはおいしかった!
キュウリサンドを見直しました。

c0209010_17495326.jpgサンドとスコーンだけではありません。
温かい軽食が1品つきます。
選択肢は、サテか点心かキッシュ。

肉好きな私は迷わずサテ。

こうしてみると、結構、気前よく肉てんこ盛りだな…

c0209010_17512313.jpgそして、魅惑のデザート棚。
ここのものは取り放題です。

c0209010_1752513.jpgマレー風の餅菓子が入った箱。

ああ、こんな棚、うちにあったら幸せだろうな……

c0209010_17525694.jpgまあ、食べ放題と言われても、
さすがに年なので、そんなにたくさん食べられませんけどね……

これにお茶と、
ロゼシャンパンも奮発してつけてしまいました。
おなかいっぱい!
[PR]
by koshiba841 | 2010-01-16 17:54 | '09 Oct. シンガポール旅行記
シンガポール旅行記4日目(10/18) (3)中華街で花文字
お友達が、チャイナタウンで花文字を書いてもらいたいということだったので、
ハイティーの前に行ってきました。

c0209010_16492246.jpgc0209010_16493940.jpg

花文字(英語ではレインボー・カリグラフィーと言うらしい)は、虹色のグラデーションで字を書いて、そこに、風水的に縁起のいい様々な飾り(鳳凰、竹、古銭、蝶、鳥、花など)を書き入れていくものです。
名前を書いてもらって、そこにどういう飾りが入るかで、運勢などもわかるらしいです。

下は、前のお客さんが「愛」という字を書いてもらったところですが、
この写真だと、飾りまではちょっと見えないかな……
たぶん、上の方に鳳凰が描いてあると思います。

c0209010_16503553.jpg

c0209010_1651693.jpgc0209010_16511997.jpg

穂先を切りそろえた筆に、端から数色の顔料をのっけていって書くので、虹のようなグラデーションができるのですが、それにしても、下書きなど一切せずにスラスラ描いていくので、感心します。
漢字のどの部位にどの飾りを入れるかなど、バランスやセンスが問われるところだと思うのですが、ある程度、法則というか、決まりのようなものはあるのでしょうか……

c0209010_16514328.jpg


名前を書いてもらうということであれば、自分(あるいは贈る相手)のためだけのスペシャルなものになりますし、見た目もきれいで、占いもついてくるということで、なかなかよいお土産だと思います。
漢字の国以外の人にとっては、自分の名前を漢字で書いてもらうだけで楽しいだろうな……。
[PR]
by koshiba841 | 2010-01-16 17:05 | '09 Oct. シンガポール旅行記
シンガポール旅行記4日目(10/18) (2)シンガポール植物園2
c0209010_1565251.jpgc0209010_1571271.jpg

c0209010_1573582.jpgこの植物園が素敵なのは、レンジフードみたいなのではなくて、ちゃんとした食事を出してくれるレストランがあるところ。

ジンジャーガーデンの横に2軒ほどレストランがあるのですが、我々は、今回、カジュアルめな方に行きました。ハリアというレストランです。このナプキンのマークからすると、ハリアって、たぶん、ジンジャーのことだな……あのけったいなショウガ花を、とってもかわいくデザインしていますね。

食事は建物内でも、テラスでもとれます。テラスでも思ったほど暑くないです。うっそうとした緑に囲まれて、とっても優雅な雰囲気で食事できます。おすすめ。

午後にハイティーに行く予定なので、食事は軽めにしましたが、もっと、しっかりした食事もとれます。
左は友達が頼んだ具沢山オムレツ。右は、わかりにくいですが、私が頼んだエッグベネディクトですわ。

c0209010_158236.jpgc0209010_1583512.jpg


c0209010_1585771.jpgさて、食事の後は、オーキッドガーデンを見ることにしました。ちょうどレストランの隣に入り口があります。

このコーナーは入場料がかかります。


さすが熱帯雨林。木がすごい勢いでのびています……


c0209010_1510545.jpgc0209010_15103052.jpg

オーキッドガーデンというだけあって、そこらじゅうに、結構無造作に蘭が咲きまくっているのですが、これ、日本だったらひと鉢うん万円の世界ですよね……

そして、お友達が言うには「やっぱり、蘭に比べると、ショウガは地味だね」…… ショウガびいきの私には聞き捨てならないコメントですが、まあ、そりゃ、蘭と比べりゃな……。

c0209010_15105166.jpg

c0209010_1511730.jpg

c0209010_15112156.jpg

c0209010_15114426.jpg


c0209010_15121388.jpgオーキッドガーデンなのに、ちょっと乱入しますが(だって、オーキッドガーデン内にあったんだもん)、この赤い派手金魚みたいな花、これもショウガなんですよ!

トーチジンジャーです。
トーチはたいまつのことです。
たしかにそんな感じ。


右側は、花をしょって記念撮影をしたい人用のコーナーです。
いくつかこういう撮影ポイントがあります。気がきいてますね。

c0209010_15124999.jpgc0209010_1513689.jpg


我々の感覚でいうと、このオーキッドガーデンだけで一つの立派な植物園なのですが、シンガポール植物園の大きさは半端ではありません。この日、我々がまともに見ることができたのは、ジンジャーガーデンとオーキッドガーデンだけでしたが、これで、全体面積の半分も見ていないのではないでしょうか……右半分は足を踏み入れてさえいないと思います。
ここは、食事食べたりおやつ食べたりおしゃべりしたりしながら、1日のんびりしたい所ですね。素晴らしかったです。

c0209010_15141033.jpg

[PR]
by koshiba841 | 2010-01-16 15:27 | '09 Oct. シンガポール旅行記
シンガポール旅行記4日目(10/18) (1)シンガポール植物園1
c0209010_22491054.jpgさて、シンガポール滞在も実質、あと1日となりました(5日目は早朝発なので)。

次の日が月曜日で、一緒につきあってくれているお友達も出勤を控えているので、今日はまったり日程です。まずは、植物園をぶらぶらすることにしました。

この植物園、とっても広く、よく整備されていてきれいな上に、入場料は無料。太っ腹です。

c0209010_22492159.jpg中には、スワンレイクなどという名前の湖があります。
熱帯に白鳥って似合わない……と思っていたら。

c0209010_22493528.jpg……ほんとうに白鳥いたので、少々びっくりしました。

広い芝生もあって、お弁当食べたり、太極拳したりしている人々も。
ここだけ見ていると、城北中央公園とか昭和記念公園にも似ていますが、しかし、ここは熱帯。
私は、ここでバトミントンやフリスビーをやる元気はありません……。
でも、こんな素敵な公園がいつでも無料で入り放題なんて、うらやましすぎる。

c0209010_22495246.jpgc0209010_2250615.jpg

c0209010_2250188.jpgc0209010_22503376.jpg


c0209010_22505038.jpg植物園の素敵コーナーの一つ、ジンジャーガーデン。

ショウガ科の花は、一見きれいなようで、なんか妙ちきりんな格好や生え方をしていたり、一見きれいなんだけど、どことなく渋かったりして、一癖ある感じが好もしい。

園芸種のジンジャーは青山フラワーマーケットあたりにもたまに出るので、好きでよく買っています。

そんなジンジャーを集めてみたコーナー。こんなコーナーがあるとは、ますます素敵ですね、シンガポール植物園。

c0209010_22511733.jpgc0209010_22513077.jpg

c0209010_22514647.jpgc0209010_2251575.jpg

c0209010_22521860.jpgc0209010_2252719.jpg

c0209010_22523060.jpgc0209010_22525149.jpgc0209010_22524055.jpg
[PR]
by koshiba841 | 2010-01-15 23:18 | '09 Oct. シンガポール旅行記
シンガポール旅行記3日目(10/17) (8)ラッフルズホテル
c0209010_1049326.jpgさて、カトン楽しかったのですが、この日もかなり暑かったのでヘトヘトに……ジョーチャットロードを北上して地下鉄のパヤレバ駅まで歩いたのですが、ちょっとしんどかったです。

ということで、中心部に戻って一休みということで、ラッフルズホテルのロングバーへ。
実は、私、ラッフルズホテルも入るの初めて。

ロングバーは、観光客多いので気楽に入れてよいですね。

天井のうちわパタパタはどんだけ役に立っているのだろうか……


c0209010_10491724.jpgc0209010_10492862.jpg

それにしても、ピーナツの殻が気になる……

c0209010_10495068.jpgc0209010_1050423.jpgはじめて来たので、シンガポールスリング、ではなく、もともとアルコール弱いし、疲れていたのもあって、ノンアルコール版のヴァージンスリングをいただきました(左)。

右はお友達が頼んだ「シャーリー・テンプル」。スウィートですね。


c0209010_10502870.jpg

あまり、ここでは、ここぞという写真を撮っていませんね……疲れてたのかな。

それにしても、ここのギフトショップはさすがにいい感じの品揃えでした。食べ物はおいしそうだし、小物はデザインが素敵。インド人街でふざけた土産しか買っていなくて反省していたところなので、ここでちょっとフォローしておきました。

この日の観光はこれでおしまい。

夕飯は、またしても高島屋、ニーアンシティの上のレストラン街で、昨日のお店の向かいにあるとんかつ屋、とん吉でいただきました。
なぜにシンガポールでとんかつ?……今となっては思い出せませんが、その時の気分はとんかつだったのです。
とん吉、しかし、大人気でしたよ。行列結構長かったです。でもって、とんかつはすっごくうまかったです!! 衣さくさく、お肉はやわらかくてジューシー、ご飯もふっくらうまい。大満足でした。お友達も、とんかつ久しぶりだったらしく、すごくよろこんでいました。よかったよかった。
[PR]
by koshiba841 | 2010-01-15 11:14 | '09 Oct. シンガポール旅行記
シンガポール旅行記3日目(10/17) (7)カトンあれこれ
c0209010_1075195.jpgc0209010_1081333.jpg

c0209010_1082820.jpg軒下の柱に、こういう小さい祭壇をつくって
お線香をあげているところが多かったです。

c0209010_1094085.jpg


c0209010_109354.jpgかわいいタイルもたくさんありました。

壁タイルもかわいいのですが、
よく見ると、床タイルもなかなか。

c0209010_1091575.jpgc0209010_10122043.jpg

c0209010_1084058.jpgc0209010_1085392.jpg

c0209010_1092795.jpg

c0209010_1095268.jpg

紙で作った家? お寺? 何に使うんでしょうか。
[PR]
by koshiba841 | 2010-01-15 10:33 | '09 Oct. シンガポール旅行記
シンガポール旅行記3日目(10/17) (6)カトンのショップハウス
堪能しました……

c0209010_23202966.jpg
c0209010_23204344.jpg
c0209010_23205852.jpg
c0209010_23211295.jpg
c0209010_23212434.jpg
c0209010_23213634.jpg
c0209010_23214936.jpg
c0209010_2322475.jpg
[PR]
by koshiba841 | 2010-01-14 23:24 | '09 Oct. シンガポール旅行記