<< '12 スペイン旅行記... '12 スペイン旅行記... >>
'12 スペイン旅行記10日目(May22) (2)カネット・デ・マール その2
ドメネク・イ・モンタネール博物館を出て、しばらく町を散策します。
カネット・デ・マールは、こじんまりした静かな町ですが、小さくても凝った装飾のある家が多いので、ぶらぶら見て回るのがとても楽しいです。

c0209010_14461024.jpg博物館を出た前の、Ample通りを歩いているだけでも、色々な建物が。

左は、前述のドメネク・イ・モンタネール設計のAtenauの柵の部分。

左上隅に紋章のようなものがついています。

c0209010_14461518.jpgこの建物は市役所だそうです。

3つ並ぶ窓に花のステンドグラスが入っています。

c0209010_14464513.jpg同じ建物の下のほうにあるステンドグラス窓。

c0209010_15122110.jpg

スグラフィート(引っ掻き技法)が見事な家。鉄柵もきれい。
資料が出てきたので、見たところ(カタランで書いてあるので、適当ですが…)、どうも、ドメネク・イ・モンタネールの息子、Pere Domenech i Rouraが設計したCan Floris(フロリスの家、フロリスは人名)らしいです。

c0209010_1447108.jpg

模様部分のアップ。細かい!

c0209010_14472882.jpg

上部はレンガとタイルの装飾。
左側のレンガアーチの柱が捩じれています。

c0209010_14474158.jpg

この家の装飾も、派手ではないけど感じがよくて好きです。上の窓二つは、ちょっとアラブ風なのかな。

c0209010_1447575.jpg

同じ家のベランダ柵と軒の装飾。

c0209010_14482525.jpg

こちらの建物も、上のに雰囲気似ているかな。これ見よがしではないけれど、よく考えてある装飾。柵もきれい。

c0209010_14485565.jpg

c0209010_14491922.jpgこのあたりの建物の玄関脇で見つけたきれいなタイルモザイク。

聖人なのでしょうが、誰かな。

二人一緒で、乳鉢を持っているところからすると、コスマスとダミアヌス?

[PR]
by koshiba841 | 2013-01-02 14:50 | '12 May スペイン旅行
<< '12 スペイン旅行記... '12 スペイン旅行記... >>