<< '12 スペイン旅行記... '12 スペイン旅行記... >>
'12 スペイン旅行記8日目(May20) (10)バック・デ・ロダ橋ほか
まだまだ日が長くて歩けそうなので、もうちょっとふらふらしました。
まず、カタルーニャ音楽堂でコンサートのチケットを購入。

c0209010_106389.jpg

このあたりも、きれいな建物多いんですよね…

c0209010_108111.jpg

で、その後は、特に何ということもないのですが、カラトラバが設計した橋を見に、地下鉄乗りついでBac de Rodaまで。

まあ、橋は、見て、ああ、あるなって思うだけなんですが、私の旅行って基本そんな感じで、どこにあるか調べて、行ってみて、うむ、ほんとにその通りの場所にあるねーということを確認するとかなり満足するというオリエンテーリング的な楽しみが大きい。目的地に着いたということだけで達成感を覚えるタイプ。

c0209010_10123578.jpg

c0209010_10142127.jpgで、橋です。ちなみにBac de Roda駅周辺は特に何もないところです。

ビルバオのスピスリ橋ほどインパクトのある形ではないですが(特にこの角度から見ると)、やっぱり多少ひねりのある形状をしております。

下の写真のほうが構造がわかりやすいのですが、歩道部分の二重アーチの外側のほうが橋桁から逸れて、下へ降りる階段の支えになっていくんですね。


c0209010_10155628.jpg

c0209010_10184297.jpgまあ、ただ、下へ降りたところで、今、この周辺工事中なんで、どうしようもないのですが… この辺りはいったいどうしたいんでしょうかね……いずれ、きれいに整備されるとよいのですが。

ご覧のように、これは鉄道をまたぐための橋です。

カラトラバにしては地味というか、質実剛健に見える橋ですが、歩道部分を歩いてみると、微妙なカーブや吊りケーブルの感じがやっぱりカラトラバだなーと思った。

c0209010_10203149.jpg

c0209010_10224631.jpgこの橋からもトーレ・アグバルが見えます。

東京で東京タワーを見たときのように、これも、なんだか目に入るとちょっと嬉しいビルだったりする。

嬉しいというか、あれ、こんなところにいた!っていう感じ。
だから何っていうんでもないが。

この辺りで、さすがに暗くなってきたし、随分ふらふらしたので散歩を切り上げて帰ることにしました。

夕飯に、前回のバルセロナ滞在時にも大変お世話になったUna Mica de Japoのお弁当を食べたいなと思っていたのですが、なんと、日曜、月曜が定休ということで… 

そしたら、近くに「木村」という寿司屋があったので「これは!」と思い、ふらふら入ってみました(写真は、別の日に撮ったものです)。

c0209010_1027278.jpgc0209010_10281556.jpg

c0209010_1029794.jpg店内こんな感じ(寿司屋らしい調理場側を遠慮して撮らなかったんで、あまり雰囲気伝わってないかもしれないですが)。レジのところにモンゴリアンな男性がいたので、「日本の方ですか?」と聞いてみたら、違いました。木村さんではなかったのか……木村さんはどこにいるのだ。

それはともかく、テイクアウトができるというのでお願いしました。カジュアルな店内の雰囲気の割に、寿司は別にお安くもなくて、VATいれたら20ユーロ超えてしまったので、内心うわあと思ったのですが、まあ、でも、海外で寿司食おうと思ったら割高になるのは仕方ないよね……うん。

c0209010_1030989.jpgで、ホテルへ持ち帰って食べてみたら、これ、むっちゃおいしかったです! サーモンもトロもとろっとろ! 特にのり巻きの芯の刺身がしっかり太いのが私好みで、大変うれしかった。バルセロナでこれだけの寿司食べさせてもらったら、20ユーロでもいいかと思ってしまいました……

c0209010_10351366.jpgそれにしても、醤油の量が… 麺つゆじゃあるまいし、こんなにいらんのだが。あれだけ真っ当なお寿司を握っておいて、どうしてこういうところが大雑把なのか、不思議である。

という感じで、この日は終了です。
バルセロナの散歩はほんと楽しいなあと、振り返ってしみじみ思い出しました。
[PR]
by koshiba841 | 2012-12-26 10:36 | '12 May スペイン旅行
<< '12 スペイン旅行記... '12 スペイン旅行記... >>