<< スペイン旅行記5日目(Apr.... スペイン旅行記4日目(Apr... >>
スペイン旅行記4日目(Apr.4) (9)少し街歩き
カサ・バトリョの辺りには他にもきれいな建物がありますので、ざっと見てみました。

下は、カサ・バトリョと同じ並びの反対の端にあるカサ・リェオ・モレラ。ドメニク・イ・モンタネールの作だそうです。一階にロエベが入っています。花モチーフの装飾がふんだんにほどこされているエレガントな建物。

c0209010_21143710.jpgc0209010_21155161.jpg


この下、しばらく、カサ・バトリョのお隣にあるカサ・アマトリエールの写真です。プーチ・イ・カダファルク作。全体の形といい、壁面の模様といい装飾といい、これまた凝った建物です。

c0209010_21161462.jpgc0209010_21163378.jpg

c0209010_21165626.jpg

c0209010_21171737.jpgc0209010_21173613.jpg

カサ・アマトリエールは1Fにアートっぽい土産物などを売っているショップがあって、中に入ることができます(カサ・リェオ・モレラもロエベに入れば少しぐらい中が見られるのかもしれませんが、普段からブランド物はほとんど買ったことがなく、路面店などには入ったことがないもので、入ってみるという発想がなかった……)。

この時は時間も遅くて光量が足りず、あまりよい写真が撮れませんでしたが、この建物、内部装飾もとてもきれいです。階段ホールやその上の天窓のステンドグラス、ショップ入り口のカラフルなガラスのドア、ランプ類など、どれもこれもすばらしい。

c0209010_2118459.jpgc0209010_2118263.jpg


グラシア通りのエレガントな街灯。

c0209010_21184763.jpg


最後にもう一回、カサ・バトリョの写真を撮って、そろそろここを離れることにしました。

c0209010_21192012.jpg



ガウディの作品を二つも見たので、これでこの日の観光を終わりにしてもよかったのですが、カサ・ミラの屋上からサグラダ・ファミリアが見えた時に、あまり遠くなさそうに思えたので、せっかくだからライトアップしたサグラダ・ファミリアでも見ようかと、もう少し歩いてみることにしました。ライトアップを見るために別の日の遅い時間にわざわざ出直すのも面倒くさいので。

バルセロナのこのあたりは、道が碁盤目になっているので、はじめに入る道の名前さえ間違えなければ、後はまっすぐ歩くだけでいいので楽です。

そして、この辺りはたいがいの建物がきれいです。すごいな、バルセロナ。この辺りを開発していた頃、ものすごく景気よかったんだろうね。

c0209010_2120943.jpgc0209010_21203173.jpg


途中、レンタサイクルらしきものを発見。どうやって借りて返すのかシステムがちっともわからないが……。

c0209010_21204996.jpgc0209010_2121374.jpg


c0209010_21212128.jpgしばらく歩いていたら、無事にサグラダ・ファミリアが見えてきました! ああ、バルセロナに来たなあ!という感慨というか実感がわいてきました……(昼前からずっといるんだけどさ)。

しかし、まだ、ライトアップには早かった。

とりあえず、真下まで行って、個人客用チケット売り場の位置やオープン時間など確認。

カサ・バトリョ側から歩いてくると、サグラダ・ファミリアは「受難のファサード」側(彫刻がシンプル・モダンな方)に着きます。20分ぐらい歩きましたかねえ……写真撮りながらだらだらとですが。


c0209010_21223220.jpgせっかくここまで来たからにはライトアップしたところが見たいので、近くのビュッフェ式カフェ(写真下左。写真は翌朝撮りました)で軽く夕飯をとりつつ時間つぶし。

あまりおなかは空いていなかったのですが(私は、たまにたくさん歩くと、疲れて食欲がなくなるのです。何もしてない暇こいてる時のほうがよく食べる)、なかなか暗くなってくれないのでどこかでゆっくり座って待ちたかったので、一人でも気軽に入れる店があってよかったです。お味はまあまあでしたが、サラダがあったので久々に野菜を補給した。フルーツやデザートまでちゃんとあるので、がっつり食べたい人でも大丈夫そう。お値段は忘れてしまいましたが、ドリンク込みで10ユーロちょっとぐらいな感じだったかと……。

暗くなるのを待って、生誕のファサード側(彫刻が細かいほう)から写真を撮りました。手ブレ写真しか撮れませんでしたが、全体の雰囲気はわかるのでよしとする。

随分、帰りが遅くなってしまいましたが、ここはすぐ側に地下鉄駅があり、ホテル最寄り駅まで5号線乗換えなしで帰れたのでよかったです。それなりに観光客らしき人出もあったので、あまり物騒な感じはなかったです。一応、警戒(?)モードではいましたが。


c0209010_21243056.jpgc0209010_21243926.jpg


当初の予定では、バルセロナ初日はグエル公園行ってぼーっとして、閉園になったらさくっとご飯食べて早めにホテルに戻って寝るつもりだったのですが、結果としては、割とがっつり観光してしまいました。まあ、見所が割と狭い範囲にかたまっているし、ここは4月でも日が暮れる時間がかなり遅いので、観光する身としてはありがたいことです。

ホテルに戻ると、ベッド横のランプ台に飴ちゃんが2個、置いてありました(写真は1つ食べた後)。

この飴、毎日2個ずつの支給で、その後、前日の分が残っていようが関係なく、毎日2個ずつ必ず増えていきました。このホテルには6連泊したので随分ためこんだ。

下の本は部屋に備え付けのシティガイドです。配色がおしゃれだ。

長くなりましたが、旅行4日目(バルセロナ初日)の記事はこれでおしまいです。
お付き合い下さった方(いるのかわからないけど)、ありがとうございます。
旅行最終日(12日目)までたどりつくのに後何日かかるかわかりませんが、ここまで書いてきたので、ぼちぼち続けます。
[PR]
by koshiba841 | 2010-06-02 22:31 | '10 Apr. スペイン旅行
<< スペイン旅行記5日目(Apr.... スペイン旅行記4日目(Apr... >>